ビットリージョン(Bit Rigion)はそろそろ退くべきでは!?

日本で最もビットコインの投資先として認知

されているのがビットリージョン(Bit Rigion)です。

 

 

始まった当初は画期的なサービスだったと

いえますが、現在では、このビットリージョン

よりも好条件の投資先はたくさんあり、

 

もうビットリージョンはリスク分散先の1つ

にもならないぐらいの低質なサービスに

感じてきている人も多いのではないでしょうか。

その理由としては、他社と比較して頂ければ

明確ですが、

 

  1. 入出金手数料が高い
  2. 不具合が多い
  3. 構造がねずみ講である

 

などの理由です。

 

そもそも、ビットリージョン自体の構造が

単なるねずみ講(商品がないMLM・ネット

ワークビジネス)なので、ビットコインを

預け入れする人がいなくなれば、

 

引き出せなくなりますから、誰かが最後に

取り残されて終わる形になります。

 

 

そうなる前に、全て引き出して違う案件に移す

などの対策を取る事をおすすめします。

 

 

実際に昔に比べ、PH(預入)にかかるマッチング

期間よりもGH(出金)のマッチングにかかる期間

が長くなっています。

 

 

これが意味する事は、

引き出す人 < 預け入れする人の

公式が成り立たなくあろうとしているという事です。

 

 

MLMの要素が強いので、アップラインの方達は

良い事を言って、引き止めようとするでしょうが、

自分自身の判断で退くタイミングは常に意識して

おきましょう。

 

 

 

北岡 大樹

暗号通貨の最新情報からオススメの稼ぎ方を配信しています。 LINE@友達も募集中ですのでお気軽に質問や友だち申請して下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です