暗号通貨・仮想通貨のマイニング(採掘)

 

暗号通貨(仮想通貨)は、一定期間ごとに、どこからどこへ通貨
が動いたかなどの全ての取引記録を取引台帳に追記します。

 

ネットワーク上に分散されている取引台帳のデータと追記の
対象期間に発生した全ての取引のデータの整合性を取りながら
正確に記録することが求められます。
その整合性を取る作業はコンピューターによる計算で実現できる

のですが、膨大な計算量が必要となります。

 

そこで、余っているコンピューターの計算能力を借りることに

よって、膨大な計算を行い、みんなで共有する1つの大きな取引

台帳に追記を行っているのです。

 

 

そして、その取引台帳の更新作業をマイニングといいます。

 

この追記作業の手伝いをしてくれた人、追記作業のために膨大な

計算処理をし、結果として追記処理を成功させた人には、その

見返りとして暗号通貨(仮想通貨)が支払われます。
つまり、仕事に対する報酬のような形として、暗号通貨が

支払われるのです。

 

 

自分の時間を削って、わざわざ膨大な計算を行い、その暗号

通貨全体の発展に貢献してくれた人への報酬の形が、新規

暗号通貨の発行となります。

 

つまり、暗号通貨の新規発行がこのマイニング時に起こるのです。

 

そして、法人個人問わず、このマイニングをビジネスと

して取り組んでいる人たちが世界中にいます。

 

 

といっても、マイニングにより無限に新しく通貨が生まれるの

かというと、そうではなく全ての暗号通貨の発行総量は事前に

決められています。

 

また、その発行総量のうち、マイニング経由での発行量も調整

されています。

 

 

その為、一瞬にして発行量が増えてインフレが起こったり、混乱が

生じるという事態を避けた設計がなされています。

 

 

例えば、ビットコインの発行総量は、2140年までに2,100万BTCと

なっており、それ以降は新規に発行される事がないようになって

いますが、全ての暗号通貨(仮想通貨)がそのように予め発行総量が

決められているのです。

 

 

 

北岡 大樹

暗号通貨の最新情報からオススメの稼ぎ方を配信しています。 LINE@友達も募集中ですのでお気軽に質問や友だち申請して下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です