Gackt(ガクト)が参入を発表した仮想通貨ICO「SPINDLE(スピンドル)」

今やビットコインを始めとする仮想通貨は、私たちに

とって当たり前のものとなってきました。

 

年末には、仮想通貨が暴騰し、「億り人」と呼ばれる

1億円以上儲けた人々が多数誕生しました。

 

そんな中、あの有名アーティストGackt(ガクト)が

手がける仮想通貨SPINDLE(スピンドル)が注目されています。

 


Gackt(ガクト)さんは広告塔としてではなく、大城ガクトとして

コアメンバーとして立ち上げ当初から関わっているそうです。

 

SPINDLE(スピンドル)の公式サイトでは大城ガクトのプロフィールが

公開されており、

「2012年にマレーシア・フィリピン・香港に移住し、事業投資を

中心に多くのアジア諸国のビジネスシーンで活躍。

 

現在は諸外国との政府・王族との親密な関係を築き、アジア諸国の

ブリッジストラテジスト・ビジネスインフルエンサーとして

国内・海外の企業マーケティングを牽引している」というこれまで

表に出ていなかった一面も公開されています。

 

また、「ガクト仮想通貨」などで検索すると、

マイナスイメージの多い記事が並んでいますが、

これだけのインフルエンサーが関わる仮想通貨となると

注目や反感を浴びるのは当然の事だといえるでしょう。

 

現在、SPINDLE(スピンドル)公式サイトからは

SPINDLE(スピンドル)を購入する事ができませんが、

詳しいことは、コチラのページよりご覧になることが可能です。

 

 

北岡 大樹

暗号通貨の最新情報からオススメの稼ぎ方を配信しています。 LINE@友達も募集中ですのでお気軽に質問や友だち申請して下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です