普通のアフィリエイトよりもPPC – 凡人男の為の革命レベル副業
ラブホ清掃員から叩き上げ社長になった男

普通のアフィリエイトよりもPPC

    

アフィリエイトというビジネスをあなたも
聞いた事があると思う。

      

そう、「成果報酬型広告」だ。

      

一般的なイメージとしては、

    

ブログを書いてアフィリエイトリンクを
サイドバーや記事内に仕込んでおく。

    

このようなイメージが強いのではないだろうか?

    

それが、最もポピュラーなやり方であり、
多くの人がそのやり方を認知している。

    

しかし、このアフィリエイトの最大の問題は
アクセスが集まらない事だ

   

  

それも当然、限られた検索エンジンの検索結果
枠を奪い合っている状態だからだ。

    

無料ブログなら、ブログスタンド経由の
アクセスも見込めるが、ほとんど期待できるものではない。

   

    

そんな中で、根性で「稼げるまで続ける」と
いうのもかっこいい事かもしれないが、
速い方法」があるならそっちのほうがいい。   

   

    

例えば、こういうものだ。

   

文章で説明するよりこちらの動画を見たほうが速いだろう。

        

   

     

このような形で、「広告を使ってアクセスを集める」
という事を前提にアフィリエイト活動を行うという方法だ。

   

メリットとしては、成約に繋がりやすいキーワ
ードで自由にアクセスを集めることができる。

  

もちろん、デメリットとして、お金がかかるという部分はある。

   

また、SNSやブログで直接アフィリエイト
をするのではなく、それらを看板と考え、

   

LINE@やメールマガジンへの登録を優先し、
メインのアフィエイト活動(収益化)は、
LINE@やメールマガジンなどの発信系の媒体
を通して行うという方法もある。

     

   

やり方は、いろいろあるが結局は「道を作る」という事だ。

     

「誰に」「何を」「どのように」 届けるのか?

     

    

そして、WEB系の集客ではこれを覚えておいてほしい。

    

一番最初の集客のスタート部分は必ず
「検索エンジン」か「SNS」、「動画プラット
フォーム」など人が集まっている場所から始まる。

     

だからまずは、上記の中であなたが運用する
のが得意なものを考えてみてほしい。

            

       

そういったものをスタート地点として、そこから

    

「誰に」「何を」「どのように」 届けるのか?

    

を図に書いて考えてみよう。

    

例えば、僕が動画で説明している手法で例えるなら

   

「20代女性」に「エステの無料体験」を「検索エンジン→LP」で届ける

   

という事になる。

   

    

アフィリエイトといっても、ビジネスには変わりない。

    

絶対に「勉強」と「覚悟」は必要になってくる。