【2019年4月法改正】同一労働同一賃金

2019年4月に法改正が行われます。
それが、「同一労働同一賃金制度」です。

   

これは、職務内容が同じであれば、正社員でも
アルバイトやパートでも同じ額の賃金を
従業員に支払うという制度となります。

   

同じ仕事に就いている限り、正社員や非正社員で
あるかを問わず、同一の賃金を支給するという
考え方となり、正社員とアルバイトの差がなくなる
という事です。

    

これにより、正社員だけのボーナスや各種手当
などの特権や待遇が廃止されます。

   

逆に、正社員ではない非正規やアルバイトは
待遇が向上される見込みになります。

   

ちなみに、


日本郵政は正社員の各種手当を廃止や減額
NTTは食事補助を廃止

を公表しており、その他の企業ではボーナスを
カットするというところも出てきています。

     

これからの時代は、完全に正社員としての
終身雇用や安定は終了する方向に向かっています。

    

一刻も早く、自分の力で稼ぐ力が必要とされる時代です。